災害復興支援部門「め組JAPAN」202310 – MAKE HAPPY
災害復興支援

災害復興支援部門「め組JAPAN」202310

め組JAPANでは、7月の豪雨災害で被災した秋田県で、復旧・復興支援活動を行っております。

 


9月も休みなく、あんぽさんが活動をしてくださいました!!

日本全国で多くの街が水害にあいました。
秋田市では、2911軒(8月上旬現在)の家屋が床上浸水しました。

現在、床上浸水した家屋の修繕をさせていただいております。
障がいのあるお子さんと、お母さんとおばあちゃんの3人家族のお宅。
震災前から余裕がある生活をされていたわけではないなか、住宅の1階部分が浸水しました。

今回の秋田市の災害は、
極寒地域での豪雨水害による被災であったこと、
床上浸水の家屋が多すぎ大工さん不足が目に見えていること

そんな状況があり
被災された多くの方が床板は外さず復旧させることになりました。
ただその場合、数年後に修繕が必要になる場合があります。

しかし今回ご縁があり
風組関東さんとめ組ジャパンが活動させていただくことで、床板を外しての修繕支援ができ、
家屋の復旧をするには金銭面でのハードルが高く困られている方々の支援をすることができています。

行くたびに見せていただく笑顔と、ありがとうに「チカラ」をもらって活動しています。

9月は、かごしマンも一度だけですが17日〜18日の2日間、活動させていただきました。
大工ボランティアのプロの方々に混ざって、台所床の柱の磨きや断熱材入れ、
簡易キッチンの設置まで2日間で完了できて、非常に達成感を感じました!!

その後は、あんぽさんが風組関東さんと連携しながら、活動を継続してくださり少しずつ完成しています。
寒くなる今月末までの完了を目指して活動してくださっています。

め組ジャパンでは、 

一緒に、地球と被災された方々のお役に立てる機会を準備しており、ボランティア参加や、ご寄付を受け付けております。
ぜひ、一緒に笑顔の花を増やしませんか?

活動の様子やその時に感じたご報告は、下記に載せています。

今後も継続していきますので、ぜひ、読んでいただけたら嬉しいです。
め組JAPAN Facebook
https://www.facebook.com/megumijapan.mekehappy

   
 

※め組JAPANでは、被災された方々が、1日でも一瞬でも笑顔と喜びを感じてもらうため、災害の復旧復興支援を行なっています。


■現在は、ボランティアスタッフで「はんちょ~」こと吉田匡さんをリーダーとして、活動を行なっています。
秋田市内では「あんぽさん」こと安藤保さんが常駐して、被災者に寄り添いながら活動しております。

 
◎あんぽさんが秋田市に常駐してくださっているためボランティアさんを募集しております。
 

ボランティア参加申し込み

https://39auto.biz/maketheheaven/regires.php?tno=99

◎現地には行けないけど『応援するよ!!』と言ってくださる方はこちらからご支援のほどよろしくお願いいたします。 

支援金で応援

https://39auto.biz/maketheheaven/regires.php?tno=93

 

#日本財団
#風に立つライオン基金
 
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 植林間伐部門(WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL)202405

  2. 災害復興支援部門「め組JAPAN」202405

  3. 夢を持つとそれを応援する出来事がやってくる。

当サイトからSDGsへ貢献
自然の素晴らしさを感じるグッズ販売

ハッピーショップからのお申し込みはこちらから

TOP