災害復興支援部門「め組JAPAN」202312 – MAKE HAPPY
災害復興支援

災害復興支援部門「め組JAPAN」202312

め組JAPANでは、7月の豪雨災害で被災した秋田県で、復旧・復興支援活動を行っております。

 

日本全国で多くの街が水害にあいました。
秋田市では、2911軒(8月上旬現在)の家屋が床上浸水しました。

11月もボランティアスタッフのあんぽさんに活動いただきました〜!!
ずーっと安保さんが活動している内容は、下記から追いかけていただけると嬉しいです。

【め組ジャパンFacebook】
https://www.facebook.com/megumijapan.mekehappy


11月5日〜6日
1ヶ月半ぶりに秋田の支援に入りました〜!!
あんぽさんが黙々と一軒一軒、寄り添いながら繋いでくれてるおかげで、活動ができています。
 
3連休ではありましたが、金曜日は石巻市植林イベントがあり、土日だけでも秋田市の支援に入らせて頂きましたー!!

今回の秋田市は、風組関東さんが地域の方々からニーズを預かり、め組ジャパンと協力して被災者の支援をさせていただいています。

(安藤さん:あんぽさん)                             
  

(風組関東 小林さん)

 


3000軒以上が床上浸水したら

震災前には、
平穏に普段の生活してた方々が、震災で多くを無くして、苦しい生活になる。

震災前には、
なんとか生活してた方々は、震災で困窮するようになる。
 
今回の秋田支援では、サポートが必要なご家族や老老介護されてる方々などの支援に入らせていただいております。
生きていく上で、衣食住の「住」の復旧での負担が少しでも減ったら、さらに笑顔が溢れると思います。
常駐ボラスタッフとして、安藤さんが入ってくれてるお陰で、こうやって単発でも参加できます。
 
今回は、
床を剥がして、
・根太、大引、床束のブラッシング
・ホウ酸噴霧
そして、仮床の設置まで完了しました。
また、岩手県の大学生も参加してくれて、家の周りまで綺麗にすることができました♪

(床下の木に付いた泥(乾燥している)をたわしで取る作業)
 

(ホウ酸を準備中)
ホウ酸は「除菌・防虫・防カビ・防臭・防炎」悪臭の元となる菌やカビの発生をおさえ、燃えづらくする効果を与えます。
 
2日間で、6畳1部屋とお風呂の脱衣所が仮復旧。
どこまで応援できるか?出来ることをできる限りの活動をさせて頂きます♪

そして、11月後半には雪が降り始めました。
寒さで震えながら生活する市民の方々が1人でも減るように
悲しみより笑顔を一つでも増やせるように!!
活動を継続していきます。 

 

※め組JAPANでは、被災された方々が、1日でも一瞬でも笑顔と喜びを感じてもらうため、災害の復旧復興支援を行なっています
■現在は、ボランティアスタッフで「はんちょ~」こと吉田匡さんをリーダーとして、活動を行なっています。
秋田市内では「あんぽさん」こと安藤保さんが常駐して、被災者に寄り添いながら活動しております。

 
◎あんぽさんが秋田市に常駐してくださっているためボランティアさんを募集しております。
 

ボランティア参加申し込み

https://39auto.biz/maketheheaven/regires.php?tno=99

◎現地には行けないけど『応援するよ!!』と言ってくださる方はこちらからご支援のほどよろしくお願いいたします。 

支援金で応援

https://39auto.biz/maketheheaven/regires.php?tno=93

 

#日本財団
#風に立つライオン基金
 
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 災害復興支援部門「め組JAPAN」202402

  2. 植林間伐部門(WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL)202402

  3. イベント・ボランティア情報

当サイトからSDGsへ貢献
自然の素晴らしさを感じるグッズ販売

ハッピーショップからのお申し込みはこちらから

TOP