植林間伐部門(WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL)2023-01 – MAKE HAPPY
内モンゴル植林

植林間伐部門(WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL)2023-01

立春を過ぎましたね~!!

新年から、寒さがいったり来たりで
苗木ちゃんたちも、冬の寒さをなんとか越えようと頑張っています♪

2023年1月の植林・間伐部門のご報告です。

植林プロジェクト


東北植林

東日本大震災以降、宮城県石巻市では復興祈念公園内にて、緑を増やすことを通じて被災者に寄り添っています。

1月も相変わらず、
氷点下を行ったり来たり最低温度で、マイナス7度を記録した日もあり苗木ちゃんたちと気温から目が離せません。


前日
に、
マイナス3℃以下が3時間以上続く時は、ビニールハウス内のストーブをつけるようにしています。

一方、昼間はハウスを締め切っていると、10℃以上になってしまいます。

なるべく自然に近い形で育てるけど寒さで枯れないように
暖かくし過ぎて、春になったと勘違いしないように調整をしています。

作業はというと
水やりを週に2回程度と
ポットの土が硬くなってる木は、根っこを伸ばせなくて苦しんでいて
少しほぐして、土を入れ替えてあげることを、菊池さんが中心になってしています。

写真の苗は、ツクバネガシさん

タネを拾って育て始めて、6年ぐらい経つかなぁ〜!
うちで育っている木ぎたちの中でも古株のツクバネガシさん

ポットの中が窮屈そうだったので、
根っこが伸ばせるようにする作業を菊池さんが引き受けてくれてました~♪

600本ぐらいあるポットを見て
「私、単調なこと好きなのよね~♪」
って言ってくれて心強いです。

(ちなみにかごしマンは、単調な仕事は得意じゃありません
!笑)

 

千葉さんもあまり単調なことは得意じゃなさそうですが、マサキさんの草取りと落ち葉の回収をしてくれました。


月に一度ボランティアで花音さんが来てくれて、
1月は昨年まで東北のスタッフだったあきらも来てくれました。

こうやって、お手伝いに来てくれるのは嬉しいです♪

 

海外植林

2005年から始まった『中国内モンゴル植林プロジェクト』は2020年からコロナ禍の影響で、植林ツアーを実施できておりません。

それでも、私たちは沙漠に行けないけど緑を増やしたくて、現地の方々の協力のもと
中国内モンゴルの沙漠に緑を増やす企画『あなたの木を沙漠に植える my tree』を実施しております。

中国は、まだまだコロナの混乱があり、ツアーとしての実施が困難ですが、これからも、沙漠緑化を諦めることなく継続していきます。
ぜひ、見守っていただけたら嬉しいです。

 



かごしマンとしては、
寒さも気になりますが、千葉さんと菊池さんとボランティアの活動に感謝しつつ1月の下旬は、関東に行ってきました。

オーダースーツ売り上げ1着に付き、1本の木を植える『Green suits プロジェクト』を主導して動いてくれてるREDAジャバンの上野さん会ってきました。

昨年6月からスタートしたこのプロジェクトで、12月までに100本分を売り上げてくれました。
そして、お礼も兼ねて、直接お会いしたく行ってきました。

下記の、グリーンスーツプロジェクトの協力店の皆様に感謝いたします♪

レダジャパン上野伸吾様
YSworks 杉本祐亮様
EWAM SUITS 高橋颯様
Quattro ABITO 渡邉一弘様
JOSSCA 田中顕司郎様
Gemma 木村昌弘様
コモディレット 和田克明様
堂島テーラー 正井佑京様
CODA LUNGA 長尾美次様
Bravery高井慧冴様
INSOLITO 黒崎竜哉様
TailorW W 金丸隼平様
Tailor~S- 堀井みずき様
ARMA 瀧川綾乃様

間伐プロジェクト


シェアビレッジで実現したいキャンプ場

兵庫県丹波市のシェアビレッジで実現したい『キャンプ場』

森をもっと体験してほしい!

自然を感じてほしい!!

地球との繋がりや循環を感じてもらえるような場所したい!!!

という想いで今年、シェアビレッジにキャンプ場をオープンしたいと思っています。

 

1月も引き続き、資金調達のことも考えながら、具体的なプランをみんなで創っていく1ヶ月でした~!

 

最終的に決まったことは…

ズバリ!!

「覚悟」でした。

実際に現場をまわすシェアビレッジ村長の健くんと、活動を広げたい僕の覚悟を決めた月になりました。

前に進むか?引くか?立ち止まるか?

その選択が突きつけられました。

事務スタッフのゆうちゃんもそうですが、関わるみんなの覚悟が試され

『やろう!! やるしかない!やろうっ!!』ということで、突き進むことにしました!

とにかく

できることをできる限り、精一杯の愛で突き進んでいきまーす\( ˆoˆ )/

また
間伐というよりは、日本の森を感じて欲しくて
関東の仲間たちと、SDGsをうたいイベント開催します。

森のこと
海ことを
感じるツアーを開催するために、視察に行ってきました。

森で薪を割ったり、火を起こしたり
海では、水中ドローンを使って海の中を観察したり市場で捨てられる魚を調理して食べる。

そんなイベントを考えてます。

詳細が決まりましたら、ご案内させていただきますので楽しみにお待ちいただけると嬉しいです♪

植林間伐部門『WONDERFUL WORLD 植林 FESTIVAL』では

大地に木を植えるだけでなく、心に『希望』という種を蒔き育て
さらに
復興や植林や森に関わるきっかけを作り
海も綺麗にして
地球をマルっとハッピーに
繋げて行きます♪

かごしマン

 

ワンフェスでは
地球に緑を増やすきっかけを作りたくて
木を植えたり森の手入れをしたりしています

【植林】東北 石巻市
宮城県に一つの『震災の教訓を伝承していく』ことを目的に、石巻市に公園が作られました。
ワンフェスでは、この『石巻南浜津波復興祈念公園』に公園緑化のための苗の育苗施設を置かせていただいています。
私たち以外に、市民団体20団体ほどが共同(~祈念公園参加型運営協議会)で運営しています。

【植林】中国 内モンゴル
中国内モンゴルでは2005年から沙漠緑化を実施し、現地の学生や農民の力を借りながらグリーンベルトを完成させるべく定期的な植林を実施しております。
※中国・内モンゴルの沙漠の植林は、『ゼロコロナ』が急遽、廃止になり国内の混乱はあるものの、中国の都市間の移動が可能になってくると思われます。今年4月中の植林を目標に動いていただいております。

【間伐】兵庫県丹波市
丹波市を中心に、日本の森の現状を知っていただくこと、間伐や木工の体験をしていただく場を提供しています。
またシェアビレッジでのキャンプ場の運営の実現のために動いています。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 災害復興支援部門「め組JAPAN」202406

  2. 植林間伐部門(WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL)202406

  3. 【緊急クラファン!】バリ島で新たな希望のチャレンジが始まります!

当サイトからSDGsへ貢献
自然の素晴らしさを感じるグッズ販売

ハッピーショップからのお申し込みはこちらから

TOP