災害復興支援部門「め組JAPAN」2023-01 – MAKE HAPPY
災害復興支援

災害復興支援部門「め組JAPAN」2023-01

め組JAPAN長野として活動しています「はんちょ〜」と言います。

2019年の台風19号での長野発災以降
パパラさんやしーちゃんの活動に参加させて頂き、
お二人の被災された現場や被災者さんへの寄り添う姿勢に啓蒙され、今でもボランティア活動を続けているメンバーの一人です。
以後、宜しくお願いします。

 

令和4年8月豪雨災害 新潟支援

昨年8月3日に豪雨災害で被災された新潟県岩船郡関川村での活動を続けています。

12月は、引き続き床下の防蟻処理(消毒作業)の活動を行わせて頂きました。

古民家であるのと過去増改築を繰り返されているお宅なので、基礎周りなどは実際床を上げてみないとわからない状況での活動でした。

それでも参加したメンバーで想定される状況を事前に共有し、床下に潜って現状把握したおかげで対応策も立てられ、工程も順調に進み無事今回の活動をもって白蟻駆除作戦は完了しました!

 

大寒波が来る前にそして年内にお引き渡しができたこと、とても嬉しい思いでいっぱいです!
そして、これまで何度も助けて頂いた風組関東さん、関川村社協のみなさんと地元の皆さんの温かいご支援には、感謝してもしきれません!
本当にありがとうございます!

活動の中では、こんな嬉しいことも。

家主さんから

「明けましておめでとうございます。昨年は、シロアリ対策の作業を本当にありがとうございました!みなさまのおかげで安心して良い年を迎えることができました。どうお返ししたらいいやら、感謝でいっぱいです!」
と、心温まるメッセージを頂きました。

また8月から9月にかけて、床と壁はぎで活動させて頂いた現場の家主さんからも、

「昨年は本当に助かりました。改めて御礼を申し上げます。

年末にクロス、左官、畳屋、建具屋さんと完了し、後は大工さんが細かいところ一日位です。」
と感謝のメッセージを頂きました。

ヒトは災害の前では無力ですが、ヒトには復興する力がある!と改めて感じました。

同時に自分達の活動はとても微力ですが、少しでも被災された方が前を向いて笑える将来が来るのであれば、これからも困っている方のお役立ちをしたいととても勇気づけられたひとときです。

 

これもひとえに団体関係なく参加してくれるメンバーや自分達をサポートしてくださる風組関東さん、そして応援や支援頂ける皆さんのおかげです!
本当にありがとうございます!

できるヒトができる時にできる限りのことを、

それを胸にこれからもメイクハッピーをお届けできるように努めます!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 災害復興支援部門「め組JAPAN」202402

  2. 植林間伐部門(WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL)202402

  3. イベント・ボランティア情報

当サイトからSDGsへ貢献
自然の素晴らしさを感じるグッズ販売

ハッピーショップからのお申し込みはこちらから

TOP