中国植林締め切りまであと2日!!!!   – MAKE HAPPY
ワンフェスブログ

中国植林締め切りまであと2日!!!!  

中国植林締め切りまであと2日!!   ツアーに関しましてはこちらまでお気軽にお問い合わせください。   今日はMAKE THE HEAVENのスタッフに中国植林の魅力を語ってもらいま~す! (MAKE THE HEAVENのメルマガから転載) てんつくマンです。 今週のテーマは植林で感じたこと。 いっぱいあるのですが、一つ紹介すると 大地と人間は繋がっているということ。 末期ガンのおじさんが植林をしたら、 癌の数値が小さくなったり、それは偶然じゃなく、 「ブーメランの法則。」 与えたものが戻ってくるということ。 川を綺麗にしたら、必ず体は元気になってゆく。 日本の山を手入れして川や海を 綺麗にしたらまちがいなく病気は減ってゆく。 すべては繋がっていることを感じました~ さぁみんなは何を感じたのでしょう。 どうぞ~。 もうすぐ、植林締め切りです。 ぜひぜひ、参加下さい~   ■ ≫ ≫■ ≫ ≫■ ≫ ≫ ≫■ ≫ ≫■ ≫ ≫ ≫■ ≫ ≫■ ≫ ≫ ≫■ ≫ ≫ ■ ≫ ≫ ☆☆☆ スタッフがお送りする「結まーる隊が植林で感じたこと」 ☆☆☆☆ ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― ―― *■■■ 物作りリーダー てんてん改め五郎 ■■■*  昨年で2回目の植林でした。 一昨年、初めて中国、内モンゴルへ行かせて頂いたとき、 その予想以上の乾いた見渡す限り 茶色の大地を目の当たりにしてでっかい衝撃を受け、 これまで以上に環境に対する意識が高まったことと、 現地の方々と触れ合ったり、 いっしょに植林をしてくれた素敵な仲間たちとの 出逢いは本当に人生の大切な宝物になりました。 みんなで喜び動けば、 初めは小さな緑かも知れないけど、 続けることで大きな林に森にと次の世代に素敵な 遺産を残して上げられると思います。 これからも、国内外問わず、 身近なところからどんどん、緑と縁を増やして 地球と友達になりたいです。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― ―― *■■■make the heaven 副代表&秘書、マルちゃん ■■■*  理屈じゃなく、理由もなんだってよくて、 とにかく魂がふるえるんです! ことばでは説明できない、 自分の中の何かが動くんです! みんなでアホアホパワーで木を植えると なんか同じハッピーバイブレーションに包まれるんです。 みんなで最後に竹炭を大地に撒くと、 さらにハッピーになるんですね~ 人も大地もハッピーハッピーで、 とてもとても嬉しいんです。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― ―― *■■■小豆島リーダー アホの孝一 ■■■* 去年初めて中国植林に行った際、 砂漠になる寸前の場所に木を植えてきました。 正直、どれだけ植えたら、 地球に緑がいっぱいになるのだろうと 感じました。 でも、今、自分に出来ることをしようと感じ、 同じ思いの仲間たちと一緒に木を植えて、 めちゃくちゃ楽しく、緑がいっぱいになると感じました。 本当に、コツコツの動けば、世界は変わると思いました。 一緒に、世界をハッピーだらけにしちゃいましょーーー!! マンモス ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― ― * ■■■ちびさん本&通販担当しのじー■■■* 日本にいたら緑がいっぱいで、 空気も気持ちよくて空も海も青い。 中国に植林に行ったことでたくさんの 現実を見ることができました。 日本の環境は本当に幸せだと。 中国の大地をみたら本当にたくさんの 木を植えて少しでも未来に緑が増やせたらと思いました。 アホなたくさんの仲間と楽しんでの植林最高でした!! ぜひぜひみなさんにも参加して感じてもらいたいな~と思います。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― ―― * ■■■上映担当えりりんこ■■■* 北京についたとき、空にスモッグが かかったような感じで青空が見えませんでした なんでかと聞いたら、それは黄砂だと教えてもらいました しかも これでも いつもよりは まし だと。 泣けました~。。。知らなかった現実に。。。 そのあと、たくさんの仲間たちと 可能性をいっこいっこ植えました やらなければゼロだったもの 感じることは、たくさんあると思います ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― ―― *■■■ デザイナー トミー ■■■* 去年。中国植林に行きました。 現地で、ガイドをしてくれた、 中国の見習いガイドさんの女の子と話していて、 「毎日怒られてばかりで、ツアーコンダクターの 夢をあきらめそうになってたけど、 こんなに私たちの国の事を想ってくれて楽しそうに 木を植えてる日本人のみなさんを見ていたら、 あきらめないでがんばって見ようと思いました。」 ってかわいい笑顔で話してくれました。 こんな所にもハッピーのきっかけの種を 蒔けてるんだ。。。ってこころがあったかくなりました。 穴を掘って、砂漠に苗木をみんなで協力して植えてる姿、 感動です。。  この前、どんぐりを一個拾って来て、家の庭に植えました。 すくすく育ちますように☆ ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― ―― *■■■ 植林チーム 事務局長 さっちん ■■■* 植林の素晴らしさのひとつ やっぱり植えてる人が笑顔でにこにこしていることです おおきくなぁれおおきくなぁれ と愛をこめて植えてはるところは なんか思い出しただけでニタニタします たった一本の木から 多くの命と多くの笑顔を生み出してくれているんだなと とても感動しました ――――――――――――――――――――――――――――――――――― ―― *■■■ 植林チーム にっくん■■■* 植林を初めて体験したのは 今年2月のジャポンツアーにてでした。 そこで感じたのは、シンプルに、楽しいなぁ☆でした。 正直、大人になると土に触れることって 全然ないですよね~ 植林を通して、土に触れ、 木に触れ、地球に触れ、 子供に戻ったような気になって すごく皆でウキウキしました☆ 地球に木を、そして心にも元木(元気)を植える。 それが『植林』やと思います☆ リアルに、近々植林がカラオケ、 映画などとともに遊びの選択肢になるなぁって思いました☆ 今、僕たちは仮装してさらに楽しい植林をしてます☆☆ 4月は中国、6月はブラジル、 9月は南アフリカに植林しにいきます☆ 皆で楽しく未来にHAPPY の木を植えましょう☆ ――――――――――――――――――――――――――――――――――― ―― *■■■ 植林チーム マサ■■■* 今回は黄河沿いにある、まだ手つかずの沙漠に植林をしていきます。 そこには地平線いっぱいの沙漠と、40メートルもあるような砂丘が広がっていて、今回はそこで砂滑りも楽しんじゃおうと思います。 中国を横断する寝台列車に乗って、てんつくマンや、まーちゃん、源太さんらゲストや出逢った仲間とたくさん話しをしたり、沙漠ウォッチングや星空ウォッチングなど楽しい企画もたくさん用意しています!! 9日間コースなら小学校に訪問して、子どもたちと一緒に木を植えたり、万里の長城に行ったりもしますよ〜!! そうそう、参加される方は『仮装』の用意をしてくださいね!! 今回はちょっとアホな仮装姿で植林をします。 夜は、部屋に集まってワイワイ楽しく心に木を植える『夜の植林』もしますよ~!! 沙漠の現状について知りたい!って方にも参加してほしいツアーです。 今回同行する旅行主催会社の高橋さんという方は、内モンゴルで20年も植林をされていて、沙漠を知り尽くしている方なので、いろいろ聞いてみてください。 今回のツアーで大事にしたいと思っていることの一つは『繋がり』です。 せっかく出逢った仲間なので、ツアー後も繋がっていけるような繋がりをつくりましょうね。 同じ志の仲間と出逢いたい! 沙漠の現状を知りたい! 地球のために何かしたい! 未来の子どもたちのために木を植えたい! 人生に変化を起こしたい! そんな想いをもっている方は、一緒に植林に行きましょう! 『初海外で一人での参加はちょっと不安・・・』という方も、大丈夫。 初海外で、お一人で参加される方はけっこういらっしゃいますよ! 詳細はこちら。 http://www.jeps.co.jp/china/wonderful_world.html ツアーに関しましてはこちらまでお気軽にお問い合わせください。 そしてツアーが始まるまでは、最近スイッチが入っているというマサとにっくんのメルマガもお楽しみください☆ 宇宙の子・マサのLove&宇宙 今、僕ができること~にっくん@小豆島 (空メールで登録できます)]]>

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 災害復興支援部門「め組JAPAN」202309

  2. 植林間伐部門(WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL)202309

  3. 令和5年7月大雨災害 ボランティア・支援金募集

当サイトからSDGsへ貢献
自然の素晴らしさを感じるグッズ販売

ハッピーショップからのお申し込みはこちらから

TOP