すんばらしい話~日本人の誇り~ – MAKE HAPPY
ワンフェスブログ

すんばらしい話~日本人の誇り~

kakotool6477_2.jpg

こんにちは~! 今年成人を迎えるみなさんにとって、今日はドキドキの3連休初日なのではないでしょうか? 今日はですね竹炭職人キムさんのメルマガから、新年にふさわしい日本にまつわる

を紹介したいと思います! 少々長いので深呼吸してから読んでくださいね(笑) キムです。 こんにちは~。 突然ですが、みなさんは日本が好きですか?? 僕は子どもの頃からずっとテレビや大人たちに、日本はなんとも情けない国なんだって聞かされてきたんです。 自分の意見が言えない。 仕事しか能がない。 だから僕は大人になるまでずっと日本は冴えない国で日本人は冴えない人種だと思っていた。 でもね、大人になって海外に行って、日本に帰ってくると必ず思うこと。 『日本人って素晴らしい』 理屈じゃなくそう感じる。 優しいしな~。 思いやりがある。 だってね、日本以外のどこの国に行っても みんな我が強いって感じる。 ヨーロッパ(行ったことないけど)やアメリカ、アジアだってそう。 どこ行っても、俺が俺が、私は私は、みたいなね。 常に、相手の立場を考慮しながら会話するのが当たり前にできている日本人って本当にすごいと思う。 ってことで今日は「すごいぞ日本!!」なお話。 ひすいこたろうさんのメルマガでも紹介されていたんだけど、 「日本のこころの教育」(到知出版) by境野勝悟 って本からのお話から。 そもそも日本は なぜ「日本」と言うのか?? 知ってますか?? 古代から日本人は、自然、とくに太陽のことを崇拝していたらしいんです。 自分たちが生きているのは太陽のお陰だと。 だから太陽のことを「お陰様」と呼ぶ人もいたんだって。 それだけでも充分ステキ♪ 太陽の恵みで私たちは生きている。 僕たちの祖先は朝日が昇ると、「今日も一日よろしくお願いします」と手を合わせていた。 元旦だけじゃなくて、毎日手を合わせてたんだって。 そんな太陽を大切に想う気持ちから 「日の本」って言葉が生まれた。 「日の本」とはつまり「日が本」。 そう。 日本人とは 自分たちの命の元が太陽だと知っていて、 太陽の恵みに感謝をして、 太陽さんのように丸く、 明るく、元気に、豊かに生きる民族。 それが日本人ってことだったんです。 だから日の丸は 太陽のマークだったんですね。 うん。 さすが日本人。 太陽が大切なのはわかるけど、それが国の名前にまでなってしまう日本ってステキ。 さらにさらに、男の人は自分の妻のことを「かみさん」って呼びます。 「かみさん」とは「日身さん」の意味。 つまり太陽の身体と言う意味。 それが「カカア」や「カカさま」から 「かあさん」になった。 つまりお母さんとは太陽のことだったんですね。 母親とはいつも家庭を明るく、暖かかく、照らしてくれる。 命を育んでくれる者という意味ですね。 母ちゃんってやっぱりすごい。 ちなみに、お父さんの語源は 尊い人。 お母さんと同じように尊い人からお父さん。 わが子にしっかり言って聞かせなきゃ(笑) さらにさらに・・・。 昔は太陽のことを「今日様(こんにちさま)」 って呼んでいたんだって。 そう。 今でも使うご挨拶。 「こんにちは~」も太陽さんの意味。 つまり 「やぁ太陽さん」ってこと。 昔は 「こんにちは、お元気ですか?」 までが一般的なご挨拶。 「こんにちは。お元気ですか?」 「はい。元気です。」 「さようなら。御機嫌よう」 元気とは元の気。 だから 「こんにちは。お元気ですか?」 とは あなたは太陽のエネルギーのおかげで生きている身体だということを良く知って、太陽さんと一緒に明るく生きていますか? という確認の挨拶。 それを受けて 「はい。元気です。」 とは 「はい。太陽さんと一緒に楽しく生きていますよ。」 てな意味。 「さようなら(ば)御機嫌よう」 とは 「太陽さんと一緒なら機嫌も良いでしょうね」 となるわけですね。 「こんにちは。お元気ですか?」 「はい。元気です。」 「さようなら。御機嫌よう」     ↓↓ 「よ!今日も太陽さんと一緒にやってるかい?」 「おっす!今日も太陽さんと一緒だから元気だよ~!!」 「お~!それなら気分も上々だな~!!」 てな感じですね。 みんながこの意味を知りながら「こんにちは」を使っていたら、 きっともっと明るい挨拶になると思うんです。 僕たちは今日も太陽のお陰で生きていける。 そんな僕たちも太陽と同じように、 周りをポカポカに温め、明るく照らししていける。 たとえ、曇り空に遮られていても、僕らの本質は 太陽のように温かい。 それが僕たち日本人です。 日本人で良かった! 「日本のこころの教育」(到知出版) by境野勝悟 おススメです! 僕の文章ではわかりづらいけど、本物はもっとわかりやすく説明してくれてるんで、読んでみてね~。 ありがとうございました~!! キムさんありがとうございました。 本当の太陽は、僕たちのこころのなかにあるのかもしれないですね。 キムさんは現在小豆島で竹炭を焼いています。 僕も使わせていただいているのですが、キムさんのところの竹炭はほんとうにすんばらしいですよ~! こちらもチェックしてみてください♪ 竹炭工房宝箱]]>

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 災害復興支援部門「め組JAPAN」202402

  2. 植林間伐部門(WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL)202402

  3. イベント・ボランティア情報

当サイトからSDGsへ貢献
自然の素晴らしさを感じるグッズ販売

ハッピーショップからのお申し込みはこちらから

TOP