旅のしおり♪2019夏

第22回内モンゴル植林ツアーにご参加のみなさまへ♪

旅のしおりです♪

ツアーまでにチェックしてください。

ツアーまでの間、何か不安や心配事、確認しておきたいことなどありましたら、 tamotsu@wonderful-world-syokurin.org(かごしマン) 090−9727−8007

まで、お気軽にメールをください♪ 合い言葉は、、、

そうだ!木を植えよう! ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ 【1】旅のなかま♪  【2】注意事項 【3】よくある質問  【4】持ち物リスト♪  【5】緊急連絡先 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ 【1】旅のなかま♪  ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ 今回の参加者さんは13名! スタッフや現地の素敵な通訳さんなど含めると総勢16名での内モンゴルへの旅になります♪ みんなでワイワイ、一生の思い出に残る楽しいツアーにしましょう! ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ 【2】注意事項 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ [1]〜懐中電灯〜 夜は、街灯などがなく暗く足下が見えない場合がありますので、懐中電灯も持ってくるといいよ。

(緑化基地で使う可能性があります) [2]ノート&メモ帖 ツアー中、旅行会社の高橋さん(28年沙漠で活動されている) ですので、ノートやメモ帳を持ってこられると大変勉強にもなります! [3]カメラについて 沙漠にて使用される場合、砂が入るとシャッターが切れなくなったり故障の原因になります。 ですので、カメラは防塵対策(ジップロックなど)をして来られることをオススメします。 (保険の加入もお勧めします) [4]シャンプーについて ホテルにシャンプーは置いてありますが、日本のものと比べると質は落ちます。 ですので、こだわりがある方は日本から持っていかれることをオススメします。 [5]〜お風呂について〜 今回はホテル泊なので、お風呂の心配はないのですが、日本のように当たり前にお湯が出ないかもしれません。 その時は、日本の当たり前に感謝できるチャンスだと思って楽しんでもらえると嬉しいです。 [6]〜中国の子どもたち〜 ツアー5日目のバヤンノールでは、中国の子供たちと植林ができる様に手配しております。 そこでは、4、5人の子ども達とグループになり植林をします。 お気持ち日本からのお土産でも持って行くと喜ぶと思います☆

(安価なものにしてくださいね〜。子供たちも多くのお土産を準備している子もいます。) [7]〜持って行く服について〜 9月のツアーは、天候に左右されますが、昼間は風がなければ半袖で植林ができます。 ただ、近年では沙漠にもかかわらず、雨に打たれたこともありました。 夜は冷えることが多いので、長袖や温かいものは持って行くことをオススメします。 [8]〜靴について〜 基本的に、スニーカーや地下足袋での植林が楽でいいです。 ぬかるんだ場所もあるので、長ぐつにされても大丈夫です。 サンダルでも良いですが、沙漠なのでトゲの多い植物もいますので、ご注意ください。 [9]〜トイレットペーパーについて〜 宿泊するホテルにはありますが、心配な方は日本からマイトイレットペーパーを持参していただくことをオススメします!!

 ちなみに、中国では基本的には便器にティッシュは流してはいけません。 [10]〜植林地のトイレについて〜 ホテルの自分の部屋にはトイレがありますが、植林地でのトイレは『広大な沙漠』になります(笑) 『右側の砂丘の向こうが女子』 『左側の砂丘の向こうが男子』

そんな具合になります。 日本では味わえない開放感が待っています!(笑)

気になる女性の方は、『雨カッパ』を持っていき、その中に身を包み用を足していただくとちょっと安心です★

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ 【3】よくある質問♪ ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ 最後に持ち物リストを載せています。 (補足としてお読み下さい♪) [1]9月の内モンゴルの気温はどれくらいですか? 日中は晴れると40度くらい、夜は15〜25度です。

乾燥しているので暑さはそこまで感じませんが、沙漠は照り返しが強く、日焼けをします。 お肌が弱い女性などは、必ず日焼け対策をしてきてください♪ [2]どんな服装で行ったらいいですか? 植林中はTシャツなどの格好でも大丈夫です。 厚手の服を用意するなど寒さ対策をしてきてください☆

[3]お金はどれくらい持っていけばいいですか? ツアー中にお金を使うものや機会は主に、 ●お酒代 ●お土産代 です。 ツアー中の食事・飲み水はツアー費に含まれています。 食事時や、夜のお酒代は別途になりますが、多く飲む方でも数千円あれば十分だと思います。 大体、約5000円(日本円で持ってきてね)の両替で大丈夫です。

ツアーの最初に添乗員が両替を準備しております。 ツアーの途中でも足りなくなる際は、スタッフに相談してください。

[4]携帯電話は現地で使えますか?

 そのままですと使えません。

 中国では、LINEもFacebook・google関係も使えません。

色々な方法がありますが。

●中国から電話をされたい方:ご自分の契約の携帯会社にご相談ください。

  安くする方法もありますが、携帯会社に相談させれた方が速いです。

●LINEやFacebookをしたい方:お勧めは、日本から中国でも使えるWi-Fiを借りていくことをお勧めします。

  グローバルWi-Fi:https://townwifi.com/

  イモトWi-Fi:https://www.imotonowifi.jp/about/

 ※お求め際、LINEなどができるプランをお選びください。  ※ちなみに。 レンタルWi-Fiは、必ず機内に持ち込んでください!!!

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

【4】持ち物リスト

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ 必需品 ◯パスポート・・・ご自身でお持ちください。 ◯お金・・・日本円のままお持ちください。 ◯仮装アイテム♪・・・仮装植林をします♪

   楽しむアイテムをお持ちください!

植林地にて ◯地下足袋・長靴・・・砂が入りにくく便利です。ぬかるんだ場所もあるので、長靴がオススメです。 ◯マスク・サングラス・ゴーグル・・・砂塵がひどいときに便利です。 ◯手袋・帽子・・・沙漠は陽射しが強いです。日焼け・熱中症対策に。 ◯目薬・リップクリーム・保湿クリーム・・・沙漠は乾燥していますので乾燥対策に。 ◯日焼け止め・・・沙漠では陽射しや照り返しが強いので、気になる方はお持ちください。 ◯軍手 ◯ビニールシート・・・植林地での休憩や横になるときに便利です。 ホテルにて ◯変圧器・プラグ・・・カメラ・ケータイの充電に。 ◯ドライヤー・・・海外対応の物でしたら使用出来ます。ホテルに備え付けのものはございません。 ※中国の電圧は220Vです。 あると便利なもの ◯腕時計・目覚まし時計 ◯ウェットティッシュ・・・あれば何かと重宝します。 ◯生理用品 現地では手に入りにくいです。 ◯懐中電灯 万が一の停電時・夜間のホテル外の移動に。 ひげ剃り ◯筆記用具・メモ帳 旅の日記や大切な話しを書き留めるのに。 ◯ビニール袋 荷物の整理などに ◯洗面用具 ◯石けん・シャンプー ◯タオル・てぬぐい ◯常備薬・救急用具 胃腸薬・下痢止め・風邪薬 頭痛薬・消毒薬・バンドエイドなど ◯ちり紙・トイレットペーパー 列車や移動時に。 ◯雨具 折りたたみ傘やレインコートなど携帯に便利な物

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ 【5】緊急連絡先 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ [1]空港の出発時間などに遅れそうな場合 関空→090-4567-8818 山下(まーちゃん) 羽田→090-1428-9605  高橋 仁 ※高橋はツアー中も受け取れます。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
​カテゴリー

MAKE HAPPYでは、ハッピーサポーターを募集中(月額1000円から)

NPO法人MAKE HAPPY 〒986-0322 宮城県石巻市桃生町給人町141-10 リバーイースト105  
090-9727-8007  info@makehappystory.com
  • Facebook
  • youtebe