め組JAPAN(災害復興支援部門)2022.8


梅雨明けてから、各地で大雨が続き

宮城県では被害が出ている地域もありました。


被害に遭われた皆様、

心よりお見舞い申し上げます。


僕達が拠点を構えている熊本県人吉球磨地域でも、

土砂崩れなどはありましたが、大きな被害はありませんでした。



毎年毎年、大雨が降ると

やっぱりどこにいても気になってしまい落ち着かないですね。


今年はこれ以上の被害がない事を本当に心の底から願っています!!




災害から2年が経った人吉は


時間が経つに連れ、景色は変わり

空き地が増え、町並みは大きく変わりました。





災害発災当時の光景は

「本当に大変だった」という感情と共に心の中に残っています。



大変だったという記憶の災害当時の光景は、

遠い昔のように探さないとわからないぐらいになったけど、


空き地が目立つ町並みは、


ある時から時間が止まったように僕には見えています。





その中で、

少しでも復興に近づけるように!と頑張られている方がこの町にいて


その方々のおかげで少しずつ時間が前に進んでいます。







被災者さんや被災地域のサポートを行うという僕達の活動も転換期を迎えていると実感しています。



この地域でこれから何をやっていくかを考え動くことが地域の復興を後押ししていくと実感しています。


試され時です!!



これからもこの地域に寄り添いながら、僕達だからできることを行って参ります。




【知っていただく活動】


風人の祭in栃木


7月17日に栃木県宇都宮市で開催された風人の祭で


◆令和2年豪雨災害での活動写真の展示

◆インパクトドライバー体験会

◆パパラの書き下ろしブース

を出展させていただきました。



展示している写真を1枚、1枚じっくりと見てくださり、

何も力になれなかったからと募金をしてくださった方や


「頑張ってね」と募金してくださった方がいて、


僕達にとって本当に力と勇気をいただきました。



被災地の光景は僕達にとって、

日常の風景になっていて見慣れてしまっている感覚もあるんですが、

写真を通して人の心を動かす事ができるんだなと、

伝える事の大切さを知った1日になりました。


今回、募金や書き下ろしでお預かりした収益は被災地での活動に使用させていただきます。


特集記事
最新記事
アーカイブ