【募集開始】息子と一緒に、森を元気にしたい‼️

福田 凌雅 (8歳)

寄附総額 : 31,000 円 (8月2日現在)

目標金額 :  31,000円

 ツアー総額(保護者・移動交通費込み:95,660円)

自己資金 : 64,660円


寄附者数 :  4 人


残り日数 :   5日(〆切8月7日まで)

対象ツアー:第13回 きらめ樹 間伐ツアーin丹波



クリック→ 寄付をする ←クリック


※メッセージ欄に

『福田 凌雅くんを応援します』とご記入ください。

※未記入や目標額に達している場合は、 次回の応募してくれたキッズの支援に活用させていただきます。

※お預かりした寄付金の95%を子供たちに直接支援いたします。5%は事務費としてメイクハッピーで活用させていただきます。

 

☆福田 凌雅くんのお母さんの想い


去年から、ツリーハウスの制作に携わらせて頂き、日本の森がとても大変な状況にある事を知りました。

そして、その時に、

昔のおじいちゃんおばあちゃんたちが、未来の子どもや孫たちが家を建てる時などに使うためやお金に変えるために、植えてくださった木だった事を知り、昔の方々の想いを大切にしたい!

守っていきたい!と思いました。

しかし、

戦後、沢山植えられた、その木々の手入れが行き届かず、

大雨で土砂災害を引き起こしたりしている現状がある事も知りました。

そんなお話は、ツリーハウス作りに関わらなかったら、一生知らなかっただろうなぁと思います。

この話を聞いて、

私もみんなの為に、力になりたい‼️と思うようになっていきました。

しかし、日本で育った木は、値段の安い外国の木材には敵わないそうで、

日本の林業の方々みんなが、値段の安い材木を使うようになり、日本の森は放置されてしまったそうです。

とても悲しい…😭

定期的に、手入れされなくなった森の木々は、

びっしり並んで暗く、草花も育たず動物も鳥も来ない死の森になってしまったそうです…。

私は、その話を聞いてから

 

なんとかしたい‼️

日本の森を元気にしたい‼️

日本の林業を復活させたい‼️

と、ますます、そう強く思うようになりました!

まずは、私ができる事をやります‼️

我が息子と

このキラメキ間伐に参加する事‼️

そして、

私達が先頭にたって、

今の日本の林業の現状を発信していく‼️

そうする事で、

私みたいに、森の事を知らなかった人達に伝えることができます。

ひとりひとりが、日本の森の為にと思って、動ける人を増やせます。

そうする事で、

今よりもっと森が元気になるはずです‼️


だからこそ、今回、夏休み中に、キラメキ間伐のイベントがあると聞き、応募させて頂きました。


☆息子と過ごしたい!!

今、私と息子は、別々に暮らしております。

だけども、ちゃんと自分の足で、それぞれの人生を、一生懸命生きています。 

子供は、ほんとに凄いです‼️

なかなか、元主人から理解を得られず、

息子達と一緒に暮らしたいという想いも夢も叶わないまま、

ここ数年が過ぎ、半ば諦めていた所、今年やっと息子と2人で旅をしてもいいという許可がおり、キラメキ間伐に参加できる事となりました。

私は、

日本の未来は、

今の子供達に、

日本の現状を伝え、大切な事、守るべき物や文化、在り方など、伝えていきたい夢があります。

中でも、森の大切さ。自然のサイクル。

そして、このキラメキ間伐の大切さや日本の森の現状などです。

今回、

こちらに参加する事で、

全て叶うんじゃないか❓と思い、応募させて頂きました。

子供達は、

ほんとに凄いです‼

ただ、今、私達は

生きています。

別々に暮らしていても、想いは同じ。

この一緒に過ごせる時間を大切にしたい。

そう思っています。

だからこそ、この貴重な夏休みのタイミングなので、

息子達と森に関われたら、どんなに嬉しいか!

全てがあの子達の宝物となり、経験になり、今後この子達が、自分で考え、行動し、更に日本がよくなる為に、活動してくれたらいいなぁとの願いも込めさせて頂きました。

そして、今回この基金があるよと、かごしまんに教えて頂き、応募させて頂きました。

どうぞ皆様‼️

力を貸してください。

よろしくお願い致します‼️


                       福田凌雅の母 福田雅代


 

かごしマンより

 この度は、NPO法人MAKE HAPPY 植林間伐部門 『Wonderful World 植林 Festival』主催のキッズエールプロジェクトにご賛同いただき、最後まで読んでいただきありがとうございます。

このプロジェクトをなぜスタートしたのか?

僕は単純に子供がめっちゃ大好きで、子供たちに体感して欲しいって強く思ったのがきっかけです。

これまでツアーを通じて出逢った人たちは、最倖な方々でした。

植林や間伐に参加する人たちと僕自身が出会い、

確信したことは、


木を植えることで

地球に触れることで


子供たちのココロに、希望のタネを植えることができる!!

 

 

観光で世界の歴史を知る旅でも、美しいものや美味しいものと出会う旅だけでなく、木を植えるために、何万円もするツアーに参加したり、目の前の生活しながら人や地球のために動いている大人たちがココにはいる!

こんなツアーに集まる大人たちと出逢って欲しい!

と強く思います。

これまでの植林や間伐ツアーに参加してくれた子供たちの感想を聞くと嬉しくなる。

『こんな生き方をしている大人たちがいるんだね。』

『好きなことをして、キラキラする大人になるために、学校にいく!!』

『また参加したい! 今度は自分のお金で参加します。』

言葉数少ない子供たちが、ツアーが終わり解散する直前、『帰りたくない!』って泣いている姿を見ると、続けてきてよかったな〜と思うのと同時に

もっと、子供たちが参加できる方法はないかなぁ〜?

両親の負担を減らして子供が参加できる方法はないかなぁ〜?

と想っていました。 

小さい時にしか出来ない経験、未来の地球を担っていく地球の子供たちを応援してください。

昔は、100人の大人で一人の子供を育てていました。100人のうちの一人に

なっていただけたら嬉しいです。

ぜひ、子供たちの応援をよろしくお願いします。

NPO法人MAKE HAPPY  理事長       

 植林・間伐部門               

Wonderful World 植林 Festival  代表 

谷口たもつ(かごしマン)

 

【キッズエールプロジェクトのメインページ】

詳細や他のキッズの情報は下記より。


https://www.makehappystory.com/single-post/kids-yell-fund

特集記事
最新記事
アーカイブ