◇募集終了◇僕は木を植えるために旅をする!《キッズエール1人目》


東 啓斗 (9歳)

寄附総額 :  85,000 円

(7月31日現在)

目標金額 :  122,000円

(ツアー総額:192,000円)

自己資金 : 70,000円

寄附者数 :  3 人

残り日数 :   3日(〆切8月31日まで)

対象ツアー:第20回 中国・内モンゴル植林ツアー

クリック→ 寄付をする ←クリック

※メッセージ欄に

『東 啓斗くんを応援します』とご記入ください。

※未記入や目標額に達している場合は、今回 応募してくれたキッズの支援に活用させていただきます。

※お預かりした寄付金の95%を子供たちに直接支援いたします。5%は事務費としてワンフェスで活用させていただきます。

東 啓斗くんの想い

僕は宇宙の子マサさんのことを知って、バリの海で泳ぎながらゴミを拾ってみました。

マサさんがいつもゴミを拾っている気持ちが分かるような気がしました。

ゴミを拾うってことは、少し面倒くさいかもしれないけどやっているうちにだんだん楽しくなっていきました。

僕はほんの短い時間で、マサさんはそれをずっと毎日続けてるのがすごいと思いました。僕も何日か続けて掃除をやってみたいと思いながら帰ってきました。

この植林ツアーのことを知って、もしかしたらゴミ拾いと同じで、疲れるし大変なのかもしれないけど、やっていてだんだん楽しくなっていくんじゃないかと想いました。それを僕も、どうしてもやってみたいと思いました。

知らない人達と一緒に旅をするということと、バリのような「○○をする」ついでにゴミ拾いをする、ではなく、「木を植えることを目的にして旅に出る」ということが、自分の人生にすごい経験になると思うし、とても素晴らしいと思います。

家族のお手伝いをしたり、マッサージを受けるママのお客様にアクセスバーズというのをしてお礼で500円いただいたりしながらお金を貯めています。あと、お年玉を合わせて、70000円は自分でなんとかしようと考えています。

どうぞよろしくおねがいします。

保護者の想い

息子が「モンゴルに僕も行きたい」そういい出したのは必然だったのだと想います。

小学校3年になった彼は、

学校に行く意味がわからない

「この教科を教えるから学びなさいってずっと座ってるのが、苦しい

「大人はみんな「こうするべ き」でしゃべるから、哀しい

学校という場所のとても穏やかで何気ない矛盾やなんだか少しだけ理不尽なシステムに戸惑う度に

息子は身体を揺らしたり力を抜いて床に転がったり図書室にこもって本を読もうと教室を抜け出したりするしかなかった。

そして私は学校で長い時間を共にする大人に対して失望することは、自分がやがて大人になっていくというのに

あまりに酷なことではないか、そう感じていました。

そして2017年の冬に、格安の航空券が取れるチャンスに恵まれた際、息子をバリに一緒に連れて行こう!そう想いました。

いろんな国があって

いろんな人達があって

いろんな「教え」や「信仰」もあって

いろんな「文化」があること

彼に肌で感じてもらうことが大事だと思ったからです。

そして

バリでずっと掃除をしているマサさんの動画を彼に見せました。

息子は目を輝かせながらずっと見入っていました。

「この 人が素晴らしいのが分かる。この人をマッサージしてあげたい。」

息子はそう言いました。

(アクセスバーズというヘッドマッサージに近い施術を彼は体得していたので)

素敵な大人の人の存在やいろんな人生の形のお手本として

私は息子にマサさんの存在を知らせたかったのです。

もちろん彼がどこの海を掃除してるかなども一切分からないまま。

やがて年末にバリに向かった私達は

最終日、クタの海へと向かいました。

お金が足りなくて行けるビーチがそこしかなかったという偶然で。

彼は大喜びで水着になり、海に入り、そして

ゴミがいっぱい自分の足に纏わりつくのを避けるうちに、

ふと、それを集めだしま した。どんどん手に抱えていくので

私は足元に落ちていた大きなビニールを渡して

それに入れたらいいのでは?と提案しました。

そこから彼の遊びながらゴミを拾う、拾って集める。

集めてビニールに入れ、また泳ぐ。遊びながらゴミ拾いが始まりました。

「マサさんはこれを毎日やってるんだね。すごいね」

そう言ってゴミ拾いを続ける彼を見るバリの人が、

なんと掃除を始めていました。そのうちの1人が

「僕らは毎日早いうちにやるんだけど、またこうして汚れるんだよね」

そんなことを教えてくれて、その会話の中で、

眼の前のクタの海がそのマサさんと仲間たちの掃除している海なのだと知って驚きました。

やがて、夕焼けの時間になりました。

たいがいの人は、ゴミがあまり目に入らない波打ち際から離れた処に椅子を並べ、

売店で買った飲み物を片手に夕日を眺めていました。

息子は自分の手で自分がやった分だけキレイになったその砂浜の波打ち際で

夕日をずっとずっと観ていました。

私はマサさんの存在に感謝しながら、

息子が学校では決して学べない経験と

何気ないアイデアの種と

そして自分への信頼

その身体に学んでいることを実感しました。