植林プロジェクト(植林部門)2022.3

植林プロジェクト


こんにちは、かごしマンです。

 

1年間で一番寒く風の強い2月。


石巻は東北でも雪はそこまで積もらないのですが

風が強い!!!!


体感は北海道より寒い石巻の冬。

苗木ちゃんたちは、冬の間はハウスの中で眠っております。


 

この時期は7日~10日の間隔で水をやり、

ポット苗の土を入れ替える作業の日々です。



マイナス3度になりそうな日は

夕方にダルマストーブに火を入れ、

朝に消す。


マイナス5度を下回ると

あまり効果はないかもしれないけど、

できる限り枯れないように配慮しています。


そして春には

外に苗木を置くため、

今はその場所を整理整頓し準備をしています。 

 

  

苗木を育てることで、

お野菜を育てている農家さんと同じぐらい、

いろんなことをこの10年で習得してきました。


2012年から

造園業30年の職人さんのところに足を運び、

土の配合や木の種類のことを教えてもらいながら育て


今では32種類の植物を約1万6千本育苗しています。



また、苗木のお世話だけでなく

こんな小屋も作れるようになりました♪


 

 

種から育てるドングリさんたちは

最初、播種箱と呼ばれる芽を出すまでの箱に種を100粒ぐらい撒きます。

(僕らはプランターを使っています)





2週間~3ヶ月で芽を出し、10.5cmのポットに植え替えます。

(この作業はだいたい、春から初夏までにします)




10.5cmのポットの中は、芽を出したばかりの苗木ちゃんにとっては


全世界


そうです。


ポットが地球なんですよね。

 

 

だから、

この地球を最高な状態にしてあげることが僕らのお仕事。

 

 

3年も育てると

根っこが充満してポットの中が苦しくなり、春になっても新芽を出せなくなる。

 

 

そのため根っこが休んでいる冬の間に、充満した根っこをほぐし

古くなった根っこを切って、土を3分の2ぐらい落として

新しい土を入れる




すると

10.5cmの世界は気持ちのいい状態になって、春になると元氣な葉っぱをつけます。


 

土の中の根っこの状態が

土から上の幹や葉っぱの状態を表します。



青々としてツルツルとした葉っぱだと

根っこが元氣な証拠!!

 

そんな風に土の中の状態を想像し日々の作業をしています。

  



あと数日で3月11日になります。


11年前に多くの命が流されてしまった

この場所で祈りながら苗木ちゃんたちを育てます。


何千年も生きる木々たちを育てることで

命の大切さを伝える活動をこの東北で続けていきます。


 

また1ヶ月後、メルマガでお会いできることを楽しみにしています。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます♪





【2022年の植林の目標】


1:今年は、絶対に沙漠に行く

 中国の情勢もあるけれど、どうにかして沙漠に行き、現地の方々と一緒に木を植えます!!

 

2:東北の植林ツアーを1年間で3回~5回(昨年は1回)実施します!!


3:モンゴル国と南アフリカの視察


4:東北の苗木ちゃんたちを育てる活動から、さらに活動を広げるヒントを掴みます。

 

 


【2022年のかごしマンの目標】


1:日本縦断をして、これまでの感謝と地球にハッピーが広がっている報告を兼ねて、日本を回ります。


2:巨木めぐりの発信を再開!!


3:日本中の人たちと『人として』『地球人として』繋がります!!



特集記事
最新記事
アーカイブ