植林プロジェクト(植林・間伐部門)活動報告2021.11



東北植林プロジェクト


2011年の東日本大震災以降、


宮城県石巻市では復興祈念公園内にて、


緑を増やすことを通じて被災者に寄り添っています。 



 

10月は気候も落ち着き、


東北での育苗も順調で植樹する準備も並行して行いました。



(植樹する場所にピンクの杭)



学校関係・企業さんの数百人で開催する植樹体験では、


2,593本の苗木を提供することができました。



   

また10月23~24日に開催した「第8回希望の森モリ植林ツアーin石巻」では、


日帰りツアーの参加者さんも入れた総勢23名で、

「石巻市南浜津波復興祈念公園」に、


たくさんの花々と417本の苗木を植えることができました。









来春には、花々が咲き、


10年後には希望の森が育っていると思います。




さらに東北の植林ツアーでは、


東日本大震災の教訓を未来の子供たちに繋げていくために、


『語り部さん』に話をしていただいています。

  

10年経っても体験談を聞くと一瞬で、


震災直後に入った石巻の情景を想い出します。


語り部の阿部さんも何度も涙を浮かべていました。


改めて木を植えることと生命を繋いで行くことの大事さを感じました。





参加者の感想です♪


【50代 女性】

花を植えるために土に触れて心が穏やかになり、リフレッシュできました。

やったらやった分だけお返しが貰えたようなハッピーな時間でした。


語り部さんのお話では、笑顔の下にまだまだ癒されない想いを抱えて十年を迎えているのだと感じました。

被災地の復興は進んでいるかもしれないけど、被災者の心は、時間が止まっているのかもと思いました。

今後も語り部さんの想いを聴くことをしていきたいと思いました。

 

 

【30代 女性】

参加する前は不安でしたが、参加したことで考え方の視野が広まり良い機会でした。

ちょっとした勇気を今後も続けます。

また、植林について、改めて時間と手間がかかるものだと感じ、自然を大切にしたいと思いました。



2012年から苗木を育て始め現在、公園内の苗施設では、



32種類の約16,000本を育苗してます。


ぜひ、苗木ちゃんたちにも会いに来てくださいね~!!!

 

 


(昨年のキムチづくり)


また、東北の活動として


ココロの復興を後押しするために、


植物と触れ合う機会や人が集う機会を作るための活動として、


11月は『苗木の植え替え会』


12月は『キムチづくり体験』


を被災者向けに実施する予定にしております。

 








中国・内モンゴル植林プロジェクト


中国内モンゴルの沙漠に緑を増やす企画、


「あなたの木を沙漠に植える「My Tree2021秋」では、


187名の応援をいただき、


なんと目標の2.7倍の2,774本分、



サッカー場2.7面分以上の沙漠に緑を増やすことが出来ます!!


ありがとうございます♪



現在の予定では


11月中旬に現地の農家さんに植えていただきます。






特集記事