め組ジャパン(災害復興支援部門)2022.2


今年も人吉から活動が始まりました。




本当に今年は何も起きずに一年が終わって欲しい!!


それが私たちの願いです!!




ですが、

先日、日向灘を震源とする地震がありました。


みなさんは大丈夫だったでしょうか??




私たちも報告書の製作をしている時のアラート



!!!!



ストーブを消したり、テーブルの下に頭を隠したり、

安全な場所に身を隠しながらも震源地が日向灘ということもあり


遂に来たか南海トラフ地震!?


あぁ、、また出動か、、、

とそんな気持ちになってしまいました、、、。



本当に何もない事を1番に願って

何があってもすぐに動けるように団体としての活動の維持と体制を整えていかなくっちゃですね!!


災害はいつ起こるかわかりません!


みなさんも、

お水や非常食、常備薬など

もしもの時の為に備えておきましょうねー!!


災害が起こってからでは手に入りませんよー!!




人吉支援


年が変わっても、


災害ゴミの受け入れが終わっても、


まだまだ支援が必要な被災者さんがいる事や、


公民館などの施設、農地など地域住民だけでは解決できない事が沢山あります。




そんな被災者さんの力に少しでもなれるように日々の活動や





行政の方を交えて

これからの被災者さんへの対応の協議を行ったり


私たちができる事は微々たるものかもしれませんが、


今も困られている被災された方が、

私たちが手を差し伸べた事で、前を向けたり、


これからの生活の原動力になれると信じて活動を行っています。




報告書製作


この1ヶ月間、

活動の合間や夜遅くまで


会員さんや支援者さん向けにめ組JAPANの取り組みの報告書を製作しています。





東北の震災から10年が過ぎ、


この10年間の活動を振り返りつつ、

これまでの沢山の活動写真を目にしました。





そこには沢山の方が


め組JAPANの活動に携わり


沢山のプロジェクトがあり


笑顔が生まれる瞬間が写り


沢山の笑顔で溢れていました。




私たちらしさも大切にしながら


これまでめ組JAPANを創り上げてきた方々に敬意を込めて


「め組JAPANらしさ」


も大切に


これからの活動を笑い楽しみながら

考え取り組んでいけたらと改めて実感しました!!


特集記事
最新記事
アーカイブ