間伐プロジェクト(植林・間伐部門)2022.1

新年明けましておめでとうございます。


間伐プロジェクトリーダー 西本賢(にしけん)です。


平素、私達NPO法人MAKE HAPPYの活動をご支援頂きありがとうございます。


お陰様で旧年中は、兵庫県丹波市の森をはじめ、

鳥取、岡山、広島、京都、大阪、長崎など各地の森に入らせて頂き、きらめ樹間伐を広めることができました。 


詳しいご報告に関しましては、

1/23(日)に「ワンフェス2021活動報告会」をオンライン開催いたします。

改めてご案内させてください。


どうぞ今年もよろしくお願いいたします。








第7回 きらめ樹間伐ツリーハウス製作講座


毎月2チームで製作しているツリーハウス


12/4(土)14(火)ともに講義は、「刃物の研ぎ」を教えてもらいました。


砥石の荒さによる使い方の違いや、

ノミ、カンナなどの大工道具から包丁までみんな一つずつ刃物を任せてもらって、

その刃を鋭く切れるように研いでみました。


あっという間の2時間でした。



そして午後の実習


土曜日チームは、ユンボを使い地面を掘り進め、そこに電気と配管を通しました。



この日は人が多く全部で15名ほどで地面を掘ったり埋めたりしている様子は、


令和と思えないような古代の土木感があり、みなさん楽しんでいました。






火曜日チームは、いよいよ和室の製作に取りかかりました。


実際に、午前中に研いだノミを使って105mmの角材を加工していきます。






専門用語で「刻み」というらしいのですが、今まで一番世間がイメージする大工さんらしい日になった気がしました。





和室の土台の木材は、申し訳ございません。

きらめ樹材ではありません。

ですが、丹波の森を整備されている「woods」さんから仕入れた丁寧に育てられた檜です。


実は人工乾燥ではあるのですが、独自の乾燥技術を持っておられて、

天然乾燥と全くわからない仕上がりのとても質がよく、加工がしやすく持ちの良い材です。


檜の高い香りに包まれながら、4名の参加者のみなさんと、新たな段階へ進みました。


今年のツリーハウス製作はこの日で終了!


来年は3月からです。お楽しみに!



【ツリーハウス製作レポート】


◾️