◇募集終了◇のりのりになりたい♪花が咲くように♫《キッズエール2人目》


高橋 美土 (6歳)

寄附総額 :  93,802 円

(7月31日現在)

目標金額 :  142,000円

(ツアー総額:192,000円)

自己資金 : 50,000円

寄附者数 :  3  人

残り日数 :   3日(〆切8月31日まで)

対象ツアー:第20回 中国・内モンゴル植林ツアー

クリック→ 寄付をする ←クリック

※メッセージ欄に

『高橋 美土ちゃんを応援します』とご記入ください。

※未記入や目標額に達している場合は、今回 応募してくれたキッズの支援に活用させていただきます。

※お預かりした寄付金の95%を子供たちに直接支援いたします。5%は事務費としてワンフェスで活用させていただきます。

Q1どうしてツアーに参加したいの?

のりのりになりたいから 花が咲くようにしてくるのです

やわらかくなれ るので のんびりしてきたいです

のりのりになれるので おはなしで花を咲かせてきます

話ができるのでおもしろいです

もし行くことができれば、話をさせてこさせてください

               美土

Q2、ツアーに参加してどんなことを期待していますか?

のりのりになれるのを期待しています

できたらホーミーが聞きたいです。ホーミーはおいしくなれますよ。かわいくなれますよ。

                美土

Q3、応援してくれる人にメッセージ

花はいいときに咲 きます

美土は花が咲くのが見えたので、行かせてください。

                           美土

美土の母の高橋由紀子の想い

8年前の第五回 中国 内モンゴル植林に参加しました。

最高に楽しい経験で「人生って楽しんでいいんだ」と肩の力が抜けました。

帰国後、キラキラと輝いて過ごすことを、少しずつ忘れ、「人生そんなに甘くない」なんて文句が出そうな毎日を送っていました。

昨年、美土とのコミュニケーションがとれるようになり、かけてくれた言葉たちに私は救われ、今、ここを楽しみ、感じることを思い出させてくれました。娘のおかげで、自分の夢も思い出し、みんな違ってみんないいを実感できる、誰でも寄り合って、活かしあえる場を創る予定です。

そんな尊敬する美土の決断を応援したいと思っています。

親ばかですが、私にとって最高のパートナーです。

私にとっても、彼女にとっても離れて巣立つときなのだと感じているので、どうぞサポートお願いいたします。

娘の美土は、小学一年生の女の子です。

3人姉妹の長女で、ダジャレ好きで、好奇心旺盛、すべてのものを愛する子です。

美土は、生まれる前のことを話すことがあり、植林をしている私を見て「この人をお母さんにしようと決めた」と話してくれました。

美土は、先天性の脳の障害で生まれており、口で話したり、歩くことはできません。

昨年、指談という、指で平仮名を書いて伝えるという方法でコミュニケーションがとれるようになりました。

詩と絵を描き始め、個展をさせてもらったり、詩集を製作したりしています。

「楽しいこと、おいしいものじゃないと、人はよくならない」というのが彼女の信条で、色んなことにチャレンジしています。

現在は、出会いに恵まれ、小学校へ通ったり、イベントに参加したりしています。

植林がしたいというのはずっと語っていた、美土の夢です。

手足が自由に動かないのですが、祈ること、花と話すことなど、美土のできることをしてきたいそうです。

私は、3女が生まれたばかりで一緒に行くことができないのですが、美土は来年には股関節の手術も控えていて、

「今行きたい!」という彼女の強い気持ちを応援したいと思っています。

同行して付き添いサポートしてくれる方々にサポート代を渡すため、自己資金は5万円ですが、ご協力、応援していただけると嬉しいです。

美土は、地球や、そこにある鉱物や生き物すべてに意思があると話し、感じたことを詩や言葉にしています。

体に障害はありますが、目には見えない形で植林に協力させていただけたら嬉しいです。

美土の名前を英訳するとbeautiful earth。 偶然ですが、偶然ではない気がしています。                             

美土がいることで喜んでもらえた時

「誰かの光になれて、うれしいです」

「生まれてきてよかったです」

と笑っていました。

誰かの、何かの光になれるように、私も全力で応援しようと思います。

サポートよろしくお願いいたします。

美土の母 高橋由紀子

Photo by S.Fukagawa

かごしマンより

 この度は、NPO法人MAKE HAPPY 植林間伐部門 『Wonderful World 植林 Festival』主催のキッズエールプロジェクトにご賛同いただき、最後まで読んでいただきありがとうございます。

このプロジェクトをなぜスタートしたのか?

僕は単純に子供がめっちゃ大好きで、子供たちに体感して欲しいって強く思ったのがきっかけです。

これまでツアーを通じて出逢った人たちは、最倖な方々でした。

植林に参加する人たちと僕自身が出会い、確信したことは、木を植えることで子供たちのココロに、希望のタネを植えることができる!!

観光で世界の歴史を知る旅でも、美しいものや美味しいものと出会う旅だけでなく、木を植えるために、何万円もするツアーに参加している大人たちがココにはいる!

こんなツアーに集まる大人たちと出逢って欲しい!

と強く思います。

これまでの植林ツアーに参加してくれた子供たちの感想を聞くと嬉しくなる。

『こんな生き方をしている大人たちがいるんだね。』

『好きなことをして、キラキラする大人になるために、学校にいく!!』

『また参加したい! 今度は自分のお金で参加します。』

言葉数少ない子供たちが、ツアーが終わり解散する直前、『帰りたくない!』って泣いている姿を見ると、続けてきてよかったな〜と思うのと同時に

もっと、子供たちが参加できる方法はないかなぁ〜?

両親の負担を減らして子供が参加できる方法はないかなぁ〜?

と想っていました。 

小さい時にしか出来ない経験、未来の地球を担っていく地球の子供たちを応援してください。

昔は、100人の大人で一人の子供を育てていました。100人のうちの一人に

なっていただけたら嬉しいです。

ぜひ、子供たちの応援をよろしくお願いします。

NPO法人MAKE HAPPY  副理事長               

 Wonderful World 植林 Festival  谷口たもつ(かごしマン)

【キッズエールプロジェクトのメインページ】

詳細や他のキッズの情報は下記より。

https://goo.gl/d9SN68

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
​カテゴリー

MAKE HAPPYでは、ハッピーサポーターを募集中(月額1000円から)

NPO法人MAKE HAPPY 〒986-0322 宮城県石巻市桃生町給人町141-10 リバーイースト105  
090-9727-8007  info@makehappystory.com
  • Facebook
  • youtebe