チーム引っ越しです!

現在「チーム熊本×め組JAPAN」では一緒に活動してくださるボランティアさんを募集しています!

詳しくは下記サイトをご覧ください! 【め組JAPAN】 http://maketheheaven.com/megumijapan/

----------------------------------

こんばんわ(p^ェ^q)

チーム熊本✖️め組JAPANで活動してます

チーム引っ越しです!

-----------------------------------------

7/10(日曜日)

今日は、 熊本市での引っ越し1件 益城での引っ越し1件 (1件みなし仮設、1件仮設住宅) 2件の引っ越しのお手伝いをさせて頂きました。

1件目の益城のお宅は

ご年配の夫婦2人暮らし

全壊のお宅から、仮設住宅へのお引っ越し。

依頼者のご自宅について、すぐに元気のいい お母さんが出迎えてくれました。

お父さんとお母さんは、 全壊の自宅のなんとか崩れていない一部屋に 荷物をまとめ、ベットやテレビも置いて 寝室けん居間として使っていました。

その一部屋には、荷物が溢れていましたが

他の部屋は、 壁が崩れて外が見えていたり 床の中央が窪んでいたり 屋根の位置が斜めになっていたり 雨漏りで天板が剥がれていて 崩れていました。

そんな部屋と隣り合わせの一部屋に 寝泊まりをしているご夫婦。

-----------------------------------------

前震災の翌日、本震が起こる夜 お母さんは全く寝付く事が出来ず 自分のベットに横にならず、 テレビの前の椅子に腰掛けて テレビを見ていたそうです。

そして、次の瞬間

2度目の震度7、本震が発生したのです。

お母さんがいつも横になっているベッドの横には 横長いタンスがありました。

しかし

地震で、そのタンスは お母さんがいつも寝ているベットの上に 勢いよく倒れてきました。

お母さんは、そんな情景を話しながら

「あそこにいたら、私はきっと死んでた。」

そう、低い声で言いました。

---------------------------------------------------------

お父さんは、 要介護者で、介護が必要で 認知力も低下してきていて 家の片付けをしたくても 断捨離の判断も出来ず 荷物も運べないので

引っ越しの準備をするとなっても、 お母さん1人でしなければなりません。

長年住み慣れたご自宅には 沢山の荷物がありました。

その中には、思い出の品もありますが 「また地震があった時のため‥」と 大量の備蓄食品や飲料水もありました。

ご予約を頂いた時は、 2トントラック半分程度量のお荷物の量 でしたが実際、私達が駆けつけて お手伝いさせて頂いていると 「あれもいい?」「やっぱりこれも!」と あれやこれやで、2トントラックでは足りず 最終的には、2トントラックで 自宅と仮設住宅の往復。

そんなバタバタ引っ越しをしている私達を ずっと部屋の隅の椅子に座って眺めていた お父さんがいきなり

「車を動かしたいから、手伝ってくれ」

と仰いました。

---------------------------------------------------------

お父さんの愛車は自宅下の車庫に 置いてありましたが、 車庫の上に部分の自宅は倒壊し 車庫の天井は、下に落ちていました。

その愛車を車庫の外に出したいから 後ろから、車を押してくれ。 という内容の依頼でした。

いざ!車を動かそうとしましたが かなり年期が入っており(お母さん曰く) もう何年も動かしてないとの事で 男の子3人で動かすのがやっと。

お母さんは、

本当はお父さんが運転するのは危ないから 子供達と説得して 車の鍵を没収したようなんですが お父さん自ら合鍵屋さんを手配して 車の鍵を作ってしまったそうなんです。

みんなで車を動かす。

思うように動かない。重い。

でも

運転席にいるお父さんはやっと 運転出来る事が嬉しそう。

さっきまでじーっと引っ越しをする私達を 見ているお父さんの表情とは違って 表情は明るく、目がキラキラしていました。

-----------------------------------------

動かない車を必死で動かす私達に

お母さんは、 「引っ越しでただでさえお忙しいのに、すみません。私の言う事は、全く聞いてくれない頑固者で、、、」

と暗い表情をされていました。

-----------------------------------------

お母さんもきっと我慢している部分があって 不安に思う事も沢山あったんだと思います。

仮設住宅へ荷物を運び込んだ後

「またいつでも連絡して下さいね!お母さんは1人じゃないですからね?」

そう言うと

言葉にならならい声で

目に涙を浮かべながら、

何度も何度も頷いてらっしゃいました。

-----------------------------------------

帰り際には、 きてくださったボランティアさんと 厚い抱擁をして

私達の姿が見えなくなるまで 見送っていただきました。

-------------------------------------------

これからも仮設住宅へ移ったばかりで 片付けもしなくちゃいけなくて 色々と大変だと思います。

ただこうやって誰かの困った事を お手伝いする事で 1人じゃないって事。 誰かを頼ってもいい。 そう気がついて貰えたら 心のお荷物もすこし減らせたら嬉しい。

-----------------------------

【協力&支援団体】 トラックの手配:熊本青年会議所(中央リース様) 人員確保:熊本青年会議所、有志の方々 ボランティア人員:チーム熊本、熊本青年会議所、め組JAPAN

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
​カテゴリー

MAKE HAPPYでは、ハッピーサポーターを募集中(月額1000円から)

NPO法人MAKE HAPPY 〒986-0322 宮城県石巻市桃生町給人町141-10 リバーイースト105  
090-9727-8007  info@makehappystory.com
  • Facebook
  • youtebe