チーム熊本 ✖️ め組JAPAN で活動してますチーム引っ越し

こんにちは*

チーム熊本 ✖️ め組JAPAN で活動してますチーム引っ越しです!

私達は、仮設住宅やみなし仮設への引っ越しのお手伝いをさせて頂いています。

__________________________________________

今月より活動を始めて すでに55件の引っ越しを お手伝いさせて頂きました。

その55件のうち、約9割の方が、 罹災証明で"全壊""大規模損壊"の判定を受けられ 「赤紙」危険、と張り紙がされています。

そんな大変な思いをされてる方々の 引っ越しをお手伝いさせて頂いてる中で

引っ越しの最中 終始お礼を言ってくださる事ながら 最近、引っ越し終えた後 感謝のお手紙やメッセージ 電話を頂く事がありました。

今日は、そのありがたい感謝の気持ちを ここで共有させて頂きたいと思います◡̈*

________________

赤紙のご自宅から、 仮設住宅へ引っ越しされた 高齢者2人暮らしの奥様からの言葉。

【ボランティアの皆様 この度、赤井の仮設住宅に引っ越しする際にお手伝い頂き、誠にありがとうございました。家屋が倒壊してしまい、何とか取り出せる荷物は玄関口に出し、生きている電化製品を運ぶのにも自分1人では出来ませんでした。連日の大雨で雨漏りをし、荷物が濡れて壊れる前に運んで頂いて大変感謝をしております。 3月17日が母の命日ですので、仏壇を運んで頂いて一安心しております。 会社もありながら、ボランティアをされてるとお聞きし、申し訳ないと思いつつ、感謝しております。汚い文ではございますが、お礼のご挨拶と代えさせて頂きます。】

__________________

赤紙のご自宅から 道向かいのアパートに引っ越しされた 高齢者2人暮らしの旦那様からのお言葉。

【チーム引っ越しの皆様 今回みなし仮設への引っ越しを手伝って頂いて誠にありがとうございました。 前震と本震により家屋が倒壊してしまい、住む家が決まるまで避難所生活をしておりました。 いざ引っ越しをしようとした時、業者に依頼した所16万の見積りを受けました。住む家が目の前で、払うお金もなく、自分1人では出来ないと悩んでいた所、避難所でチラシを拝見し、福田さんにすぐお電話をしました。 家も危険な状態で出来るかどうか不安だったのですが、すぐに対応して頂き、引っ越しもスムーズでしたので大変感謝をしております。来て頂いたメンバーに何とお礼をすれば良いかわかりませんが、この機会に改めてお礼申し上げます。】

____________________

まだまだ、熊本は復興途中です。

未だ多くの方が、不安な日々を過ごしています。

一刻も早く、安心して眠れる夜が来ますように

自分達に出来ることを 精一杯愛情持って、 これからも引っ越しのお手伝いさせていただきます!

____________________

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
​カテゴリー

MAKE HAPPYでは、ハッピーサポーターを募集中(月額1000円から)

NPO法人MAKE HAPPY 〒986-0322 宮城県石巻市桃生町給人町141-10 リバーイースト105  
090-9727-8007  info@makehappystory.com
  • Facebook
  • youtebe