植林間伐部門(WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL)2022ー12 – MAKE HAPPY
植林

植林間伐部門(WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL)2022ー12

ワンダフルな皆さん!!こんにちは!

WONDERFUL WORLD 植林 FESTIVALの
代表としても、理事長としても
なかなか充実した日々を過ごしております♪
今月も元気にかごしマンです。

 

12月になり、寒さも増してきましたね。
先月はなかなか寒さも本格的になりきれず、寒暖の差が大きかったですが体調を崩したりしておりませんか~?

 

11月は、
間伐プロジェクトで、兵庫県で2度の打ち合わせや準備、
東北の「心の復興プロジェクト」では、イベント開催、
その他、関東で活動を知ってもらうために人に会ったり、
大阪では「風人の祭」に出店など行ったり来たりしながらハッピーを届けてまいりました〜!!

 

植林プロジェクト


11月の東北の活動は、
那須高原の視察から始まりました。
私たちも関わらせていただいている「石巻南浜津波復興祈念公園」の運営の参考にするため
先月に引き続き、インタープリテーション計画に向けた「栃木県の那須平成の森」へ国土交通省東北の局長さんや石巻市の方々など、総勢11名で視察に行ってきました。

視察に行って改めて感じたのは、「立場を越えたら更なる連携が大事になる」ということでした。

〇有形のものに対して得意な国土交通省や行政の役割
〇無形のもの、特に想いを繋いできた市民の方々の役割

この復興祈念公園を何のために残していくのか?
未来に残していくために、どのようなものを大事にするのか?

これから、数年かけて共に話し合いを重ねていくことが大事だと改めて感じました。

 

想いはひとつ
震災で得た教訓を未来の生命を守るために伝え続けていくこと

 

僕らメイクハッピーとしては、
この想いを伝えるため、木を植えることを通じて未来をハッピーにしていきます。

 

視察に続き、
苗木の育苗では冬を越える準備が終わりました~♪

例年でしたら、12月に苗木ちゃんたちをビニールハウスに入れるのですが、
今年は、僕が12月初旬に出張でいないことがわかっていたので、ボランティアさんのお力を借りて入れはじめ、11月中旬に全て入れ終わりました~\(^o^)/
ありがとうございます。これで安心して、冬を越せます♪

 

また、苗木を育てはじめてから定期的に手伝いに来てくれている、
メイクハッピー(当時メイクザヘブン)元スタッフの山中香奈さん率いる仲間が8名来てくれて、
3年間植えられなかった花壇に球根を植えてくれました!!
ありがとうございます。

 

東北では、多くの協力団体やボランティアさんのおかげで、苗木も大きく育ち
これからもみんなの力を合わせて、大きな希望という木を育てていきます!!

 

さらに、
心の復興プロジェクトとして行っているキムチ教室も今年で4年目。

復興祈念公園が石巻の方々の心の拠り所になるように、
また僕らの活動を通じて関わるきっかけになれたらと、料理教室という入り口を作り、そこで出会った方々でキムチ作りを楽しんでいただきました!!

東北 石巻市

宮城県に一つの『震災の教訓を伝承していく』ことを目的に、石巻市に公園が作られました。
ワンフェスでは、この『石巻南浜津波復興祈念公園』に公園緑化のための苗の育苗施設を置かせていただいています。
私たち以外に、市民団体20団体ほどが共同(~祈念公園参加型運営協議会)で運営しています。

 

中国 内モンゴル

中国内モンゴルでは2005年から沙漠緑化を実施し、現地の学生や農民の力を借りながらグリーンベルトを完成させるべく定期的な植林を実施しております。

 

間伐プロジェクト

間伐プロジェクトは、地域を盛り上げながら森に触れる機会を増やすために動いています。

来年、
森に触れる機会や自然に触れる機会を増やすために、
キャンプや木工ワークショップができる場所を作っています。

そのため今後の計画の打ち合わせに、兵庫県丹波市のシェアビレッジへ。

トレーラーハウスを作るための台車が到着しており
「どこに設置するのか?」
どういう体制でやっていくのか?」
「資金的にどうやっていくのか?」 など
少しずつ形にしていくために、最高のイメージを想像し計画を少しづつ変化させながら進めています。

 

 

ワンフェスでは
地球に緑を増やすきっかけを作りたくて
木を植えたり森の手入れをしたりしています

 

シェアビレッジには、
テントが張れたり焚き火ができたりするだけでなく、木工ができる空間や料理ができる空間を備えていく予定にしています。
そして家族や少人数で林業+復業で生きていけるように、間伐や木工品、家具を作れるようなワークショップを開催していきます。

植林プロジェクトでは、
自然林に戻したくて多種多様な種類の木々を植えて自然に近い形の植林をしています。

シェアビレッジでは、村長のたける君(吉田健)を中心にビジョンを描いて、多種多様な方々が訪れるような場所で自然に触れ感じてもらえたらと、模索しながら進めています。

ぜひ来年も一緒に楽しんでいけたら嬉しいです。

 

イベント出店

11月13日は、中国内モンゴルの沙漠植林を一緒に開催している「まーちゃんうーぽー」が主催する『風人の祭』に活動を知ってもらうための出店をいたしました〜!!
前半は、雨がいい感じで降っており、お客さんも雨を避けながらライブを楽しんでいましたよ〜。
雨が上がった隙間にブースに来てくれる人がいたり
舞台で活動紹介をさせていただいたり
少しですが宣伝をさせていただきました!!

やっぱり祭りは楽しいなぁ〜!!!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 災害復興支援部門「め組JAPAN」202406

  2. 植林間伐部門(WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL)202406

  3. 【緊急クラファン!】バリ島で新たな希望のチャレンジが始まります!

当サイトからSDGsへ貢献
自然の素晴らしさを感じるグッズ販売

ハッピーショップからのお申し込みはこちらから

TOP