間伐って?きらめ樹って?! – MAKE HAPPY
NEWS

間伐って?きらめ樹って?!

~間伐って?今回皆でする『きらめ樹(皮むき間伐)って?』~ ◯●○●◯●◯●○ 『えっ?!木を切る事も世界の緑を守ることにつながるの?!』 ◯●◯●◯●◯●○ 戦後の日本では、トトロの森みたいな雑木林をどんどん木材に適した杉、ヒノキに植え替えていったそうです。でも、コストの安い外国の木材をみんなが使うようになって、森は放置されてしまいました。 <br /> <br /> 手入れされなかった森の木々は、びっしり並んで暗く、草花も育たず動物も鳥も来ない死の森になってしまった。そんな土砂災害の心配もある荒れた森は国土の4割にもなるんです。 <br /> それなのに私達は海の向こうの原生林を今日も切り倒して、輸入し続けています。日本の森の木を木材として使えばいいのになって思いませんか? <br /> <br /> そのために、今、日本の森に求められているのは、『散髪(間伐)』です。 <br /> 間伐(散髪)とは、森に光が入るように、密集してしまった人工林を間引きしてやること。 <br /> でも、間伐はコストも高いし、限られた人しか手入れできないので、森は放置され続けているんです。 <br /> そんな中、日本の森を元気にしたいと思っていたてんつくマン、画期的な間伐方法と出逢いました! <br /> その名も『きらめ樹』!『きらめ樹』を熱い想いで広めている! 大西さんにお話を聞きました。 <br /> <br /> ◯●○●◯●◯●○ 『大西さんのきらめ樹インタビュー』 ◯●◯●◯●◯●○ ■「今回皆で実践する『きらめ樹』って何ですか?」 木の皮をむいて、ゆっくり立ち枯れさせ、一年後乾燥した状態で間伐する手法を『きらめ樹』って呼んでます。 『きらめ樹』は女性や子供達でも簡単にできる画期的な間伐手法です。重機なども使わないため、経済的です! ■『きらめ樹をすると森はどうなりますか?』 皮をむかれた木はやがてゆっくりと葉を落として、その隙間から森に光が入ると、 私たちが何もしなくても、徐々に鮮やかな緑の大地が蘇ってきます。 無数の草花が芽生え、移り変わり。大地にふわふわの土壌を作ります。 そのスポンジのような土が雨を貯め込み、おいしい水を育む。 豊かな土壌は、残った杉、ヒノキを太く、価値ある木材へと育ててくれて「きらめ樹材」として、 町で活用されます。 そして、木々が巣立った森は、素敵なイベントスペース、ヒーリングスペースにもなります。『きらめ樹』は『循環型社会のドラマの第一章』なのです。 ■『最後に一言お願いします』 『きらめ樹は、循環型社会のドラマの第一章。そのページは、誰もがめくることが出来るのです。』 木肌きらめく 森がきらめく そして 光が戻った森では 新しい無数の生命が きらめく ■『こんな質問もしてみました』 ・好きな女性のタイプは?() 僕はてんつくマンと似ているらしく、「子どもと女性が大好き」のようで す。従いまして全ての女性に強い魅力を感じます。() 【大西さんプロフィール】 てんつくマンもイチ押し!!大西義治さん。 『きらめ樹』を世に広め森を蘇らせる『NPO法人 森の蘇り』の代表。 詳しくは http://mori-no-yomigaeri.org/ 女性も子供も参加できる森を元気にする方法『きらめ樹』で、森に鳥や子供の声を響かせよー!! ツアー本番をお楽しみに☆]]>

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 災害復興支援部門「め組JAPAN」202402

  2. 植林間伐部門(WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL)202402

  3. イベント・ボランティア情報

当サイトからSDGsへ貢献
自然の素晴らしさを感じるグッズ販売

ハッピーショップからのお申し込みはこちらから

TOP