沙漠に生まれた森の赤ちゃん – MAKE HAPPY
ワンフェスブログ

沙漠に生まれた森の赤ちゃん


2009年から始まった、新しい植林地の内モンゴル『ウランブハ沙漠』への植林ですが、今その沙漠に『森の赤ちゃん』が誕生していますので、紹介します♪


まず、これは2009年4月の植林中の様子です。

この棒のようなものが、ポプラの苗です。

枝葉を落としているのは、水分や養分がしっかり幹に行き渡るためです。

沙漠で生きる智恵ですね。



春だけど、砂が太陽の光を反射するため、みんなで沙漠焼けをしながら木を植えました♪


1年後の2010年4月、僕たちはみんなで植えたポプラの苗木に再会をしました♪


残念ながら500本植えたポプラの苗の内、根付かずに死んでしまっていた苗木も多くいました。

新しい植林地のため、前例や実績がなく、そして沙漠によっても地質がまったく違うため、
『この木がこの土地で育っていけるかどうか』は実際に植えてみて実践してみなければ分かりません。

そして、苗木の種類によってもそれぞれに生命力の差があるため、自然淘汰されてしまう苗木も、やはりあります。


しかし、逞しく生き残った苗は、こうしてしっかりと大地に根付こうとがんばっていました。



そしてその半年後の2010年9月にまたツアーで、ポプラの苗木ちゃんたちに再会をしてきました。

僕たちは嬉しくて感動しました!!

それがこれです!!


大きい子では3メートル近くまで葉を伸ばしていました♪


一度『砂』になってしまった土地が『土』に戻るのは20〜30年掛かると言われています。

バヤンムレンの沙漠にも、たくさんの乾きが広がっています。

しかし、これからこの子たちが成長して葉を落とし、それを微生物が分解することで大地に栄養が増え、そこに蟻などの小さな命が帰ってきて、命の循環と、どんどん沙漠が生命を育める『土』に蘇って行くと思います。

森の物語は始まったばかりです♪


沙漠では特に夏場は陽射しが強く、木陰がないため植林中に休める場所がありません。


これから、みんなで植えた木が順調に育ってくれれば、近いうちに木陰でお昼寝ができる日も近いと思います♪

それが小さな夢だったりします。


宇宙の子☆マサ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 災害復興支援部門「め組JAPAN」202309

  2. 植林間伐部門(WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL)202309

  3. 令和5年7月大雨災害 ボランティア・支援金募集

当サイトからSDGsへ貢献
自然の素晴らしさを感じるグッズ販売

ハッピーショップからのお申し込みはこちらから

TOP