なべちゃんが内モンゴルでの植林活動を再開しました!! – MAKE HAPPY
NEWS

なべちゃんが内モンゴルでの植林活動を再開しました!!


はじめに


去年2010年、ワンフェス初の海外駐在員が内モンゴルに誕生しました。

駐在員の名前は、なべちゃん。



なべちゃんは2009年の中国植林ツアーに参加者として初参加し、植林に魅了されていきます。

そして縁あって2010年の4月から正式に内モンゴル駐在員となりました。

なべちゃんは作業のできる春から秋までの半年間内モンゴルに滞在し、

夏の暑い時期には砂の温度が40度を越えるなか、、、

毎日、木を植え、その後の水やりなど苗の世話を行ってくれました。

なべちゃんは植林に出逢うまでは『生きるのを諦めてた』とよく言います。

社会のなかで、孤独や絶望をたくさん味わって、自分が存在している意味が分からなくなっていたそうです。

『自分は別にこの世界に必要ないんじゃないか』と。

そんななべちゃんが自分の存在価値を感じれたのは、『これがこどもたちの未来につながるんだという想いで沙漠に木を植えているとき』だったそうで す。

『沙漠に木を植えているとき、自分は生きてていいんだという感覚がある』と言います。

今年もなべちゃんは4月から内モンゴルに滞在し植林活動を行う予定でした。

しかし、3月11日、東日本大震災が起き、MAKE THE HEAVENではカンボジア以外の全ての海外での活動の中止を決定しました。

それは内モンゴルへの出発4日前の、なべちゃんの誕生日の日でした。

木を植えることが、自分の存在価値を感じれるものな、なべちゃんにとって、それは大きな失意でした。

『ちょっと考えたい』との連絡から数日後、なべちゃんから『被災地へ行く』との連絡がありました。

それから今日まで、本当に毎日一生懸命、一生懸命、被災された方のためにがんばってきました。

『親からもらった肉体を他人の生命を守ることに使えて、とてもいい人生だと思います。』

みんなの共有ノートにはこんなメッセージも書き残していました。

なべちゃんは決めていたことがありました。

それは、被災地での自分の役割が終わったらと感じたら個人的にでも内モンゴルに行こうということでした。

震災から3ヶ月を過ぎて、今もたくさんのたくさんのボランティアの方が全国からお手伝いに来てくれています。

そこで、なべちゃんは『(復興活動は)そろそろ皆さんに任せて、自分は自分のやる事をやろう』

つまり、内モンゴルに木を植えに行くことを決めました。

それについてみんなで話し合った結果、
『なべちゃんを応援することは、地球を守ることに繋がる』と思ったので、MAKE THE HEAVENではなべちゃんの活動を応援して行くことに決めました!

なべちゃんは今月8日に内モンゴルに渡り、現地で毎日植林活動を行っています!

活動は毎日、メルマガで届けてくれているのでぜひ登録ください♪

沙漠から届くなべちゃんのメルマガ↓↓
【不器用なべちゃんの地球謝謝日記】
00594801s@merumo.ne.jp
(空メール送信で購読できます。無料。)



不器用なべちゃんの植林への想い



僕にとって植林と言うのは、地球の大地と繋がれる僕なりの方法です。

地球に感謝出来る手段です。め組で復興活動している時は、助け合いの中で、人に感謝することを覚えました。

でも被災地では、放射能の影響で雨に感謝出来ないですよね。

人の助け合いに感謝しても地球には感謝出来ない環境でした。

僕は木を植えて地球と繋がって雨に感謝したいのです。

発展して勝手に放射能を作ったのも人間 なんだから。

後は、苦しい沙漠の環境に自分を追い込んで、植林をするのは、少し登山家の栗城さんに似てるかもしれません。

苦しい環境でこそ、生きてることに感謝出来るのです。

モノが溢れてる日本ではなかなか感謝が生まれないのです。

後は、自分が生きてる証が欲しいだけですよね。

木を植えている時は地球に生きてる感覚が生まれて来るのです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 災害復興支援部門「め組JAPAN」202406

  2. 植林間伐部門(WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL)202406

  3. 【緊急クラファン!】バリ島で新たな希望のチャレンジが始まります!

当サイトからSDGsへ貢献
自然の素晴らしさを感じるグッズ販売

ハッピーショップからのお申し込みはこちらから

TOP